オフィス環境・オフィスセキュリティセミナー

【オフィス環境】 エコ&グリーンオフィス
2009年7月10日(金)  12:30〜13:50
総務が知っておくべき エコオフィスの最新事例
〜生産性向上とエコロジーを同時に実現するオフィスとは〜
明豊ファシリティワークス(株) 執行役員 オフィス本部
ワークスタイル・ソリューション部長 兼 ICTコンサルティング部長 鈴木 信治
[講演内容]
オフィスの生産性向上とエコロジーは分けて考えられがちだが、発想を変えることで同時に、かつ効果的に実現できる。本講演では、オフィスを管理する総務部に向け、オフィスとIT、ワークスタイルと人材育成を組み合わせた具体策と事例を紹介する。

[プロフィール]
オフィス家具メーカー、外資系コンサルティング会社、情報通信会社を経て2007年、明豊ファシリティワークス株式会社に入社。1990年以降の経歴を通じて、さまざまな企業のワークスタイル改革、オフィス改革、人材育成のコンサルティングに従事し現在に至る。オフィスとビルの設計&CMを事業とする明豊ファシリティワークスでは、ワークスタイルソリューション部を立ち上げ、お客様企業の生産性向上を支援している。訳書に「ワークプレイス戦略」(日経BP社)、「変革するワークプレイス」(日刊工業新聞社)ほか。記事、講演多数。
【注目!】GX-3  あの有名家具店「ジョージズファニチュア」成功事例  セミナーはこちら >>>
ΔPAGE TOP

[SO-6] 【オフィス環境】 最新オフィス事例
2009年7月10日(金)  14:30〜15:50
総務部 必聴! 戦略的オフィスデザインで 「業績アップ」 に貢献せよ!
〜移転を最大のチャンスと捉え、業績アップを実現する方法〜
(株)翔栄クリエイト 代表取締役社長 宇佐神 慎
[講演内容]
オフィスを単なる「移転」で終わらせてはならない! オフィスは人材戦略や業務効率、ブランディング等に大きく影響するのである。移転案内やウェブ変更を手始めに「オフィス」で社員を自走させ、業績を上げる秘策を大公開。

[プロフィール]
I-CMCマネジメント・コンサルタント
経営労務コンサルタント
リスクマネジメント協会 上級会員
1987年ビジネスフォンの販売会社に入社し、クライアントの8割を抱えるトップ営業マンに。しかし、拡大経営の故に経営悪化。経営者に代わって負債処理をする為、1997年会社設立。オフィス空間を「人」、「物」、「金」、「情報」に続く第5の経営資源と考え、「業績を上げるオフィスデザイン」を提供している。
【注目!】GX-3  あの有名家具店「ジョージズファニチュア」成功事例  セミナーはこちら >>>
ΔPAGE TOP

[SO-7] 【オフィス セキュリティ】 ゾーニング
2009年7月8日(水)  12:30〜13:50
効果的なオフィスゾーニングがセキュリティレベルを上げる!
〜オフィスセキュリティマーク認証制度の概説と事例を交えて〜
(社)ニューオフィス推進協議会 主任研究員 武田 一浩
[講演内容]
企業におけるセキュリティの重要性は高まるばかりである。経済産業省所管の(社)ニューオフィス推進協議会では2006年から 「オフィスセキュリティマーク認証制度」 を実施している。本講演では、認証取得組織の事例を交えてセキュリティ向上とオフィスゾーニングについて解説する。

[プロフィール]
(株)日展にて主に商業施設・コミュニティ施設等の企画・開発・空間デザイン業務に従事。コクヨ(株)店舗事業部、(株)カウネット、コクヨ(株)RDIセンターにて、各種開発業務に従事。現在、NOPA/(社)ニューオフィス推進協議会 主任研究員
商業施設士:日本商業施設士会会員・商業施設活性化コンサルタント、イベント業務管理者、DDA/(社)日本ディスプレイデザイン協会会員:デザイン賞委員
【注目!】GX-3  あの有名家具店「ジョージズファニチュア」成功事例  セミナーはこちら >>>
ΔPAGE TOP

[SO-8] 【防災】 地震対策
2009年7月9日(木)  10:30〜11:50
オフィスの地震対策
〜企業を危機から救う地震対策〜
内閣府 政策統括管 (防災担当) 付参事官 (地震・火山・大規模水害対策担当) 池内 幸司
[講演内容]
世界でもトップクラスの地震発生国である日本。しかしながら、我々の防災に対する意識は、十分とは言えないのが現状である。危機管理担当者が知らなかったでは済まされないオフィスの地震対策について、徹底解説する。

[プロフィール]
内閣府参事官(地震・火山・大規模水害対策担当)、(中央防災会議事務局)。昭和57年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。同年建設省入省。出雲工事事務所長、国土交通省河川局河川整備調整官、河川事業調整官等を経て、平成18年7月より現職。現在、大規模地震対策、大規模水害対策、火山防災対策、中央省庁業務継続計画、防災情報の共有化等を担当。
ΔPAGE TOP

[SO-9] 【防災】 BCP
2009年7月9日(木)  12:30〜13:50
〜総務・危機管理担当者に向け徹底解説〜
もしものときに違いが出る事業継続マネジメントのポイント
(株)インターリスク総研 研究開発部 部長 主席研究員 小林 誠
[講演内容]
企業の事業継続マネジメント(BCM)の最大の欠点は、大規模地震や新型インフルエンザなどテーマ別に計画づくりをしている点にある。本講演では、BCMの基本に立ち返り本当に役立つ事業継続マネジメントにおける重要なポイントについて解説する。

[プロフィール]
住友海上火災保険(株)(現:三井住友海上火災保険)を経て、(株)住友海上リスク総合研究所(現:インターリスク総研)出向。事業継続マネジメント、企業防災を専門とし、危機管理システム学会理事、BCMS準備運営委員会、リスクマネジメント規格国内WG委員会等で活躍。主な著書に、「BCM(事業継続マネジメント)入門」(日本規格協会)、「企業の地震対策Q&A;」(日刊工業新聞社)、「危機管理対策必携 事業継続マネジメント構築の実際」(日本規格協会)などがある。
ΔPAGE TOP

[SO-10] 【防災】 防災チェック項目
2009年7月9日(木)  14:30〜15:50
大地震に備えよ! 総務が今すぐチェックすべきポイントとは
〜すぐに役立つ防災チェック項目を徹底解説〜
防災システム研究所 所長 山村 武彦
[講演内容]
発生が確実視されているM7クラスの大地震に対して、企業総務は何をすべきなのか。日頃の準備が企業・社員の生死を分ける地震対策において、今実行すべき本当に重要なポイントを徹底解説する。

[プロフィール]
新潟地震でのボランティアを契機に防災アドバイザーを志す。以降、現場主義を掲げ、災害、事故、事件等120か所以上の調査を行う。その知見を生かした防災・危機管理講演は1000回を超え、実践的防災・危機管理対策の第一人者といわれている。主な救助、調査活動実績としては、1995年阪神・淡路大震災、2004年新潟県中越地震、スマトラ沖地震津波、イラン地震、2007年能登半島地震などがある。また、1995年には科学技術振興功績者として科学技術長官賞を受賞。現在は地震調査・救助に加え、様々な企業に対するBCP・防災・危機管理に関するコンサルティングや、執筆活動、また、「ためしてがってん(NHK)」「ニュースステーション(テレビ朝日)」など活躍している。
ΔPAGE TOP

[SO-11] 【オフィス セキュリティ】 企業の危機管理
2009年7月10日(金)  12:30〜13:50
起こる前にできること 「平常時の危機管理」
〜ポイントはこんなに簡単だった! 実例を交えて徹底解説〜
パームコンサルティンググループ 代表/東京商工会議所 危機管理アドバイザー 伊原 正俊
[講演内容]
危機管理は「管理」ではない。管理と考えるから失敗するのである。本講演では、「異変センサー」と「風通しの良い職場づくり」など簡単で誰にでもできる「平常時の危機管理」のポイントについてわかりやすく解説する。

[プロフィール]
大学卒業後、(株)電通PRセンター(現:電通パブリックリレーションズ)入社。
その後、2004年に独立し、現職。主な活動内容は、平常時の危機管理研修から緊急事態の対応などに携わるとともに、総合PR関連作業(新聞・テレビ・ラジオでのパブリシティ活動や各種イベント・PR制作物、各種調査、IR活動から、選挙戦略の策定と実施)まで幅広く作業に従事するとともに、各企業・各種団体、行政、地方自治体、教育委員会、病院、大学などの教育機関を対象に、例年150回を超える研修・講演会でも講師として活躍している。