タグ: 社内販売

オフィスデザインは大切!でも費用もかかるのでしっかり取り組もう②

No Comments

デザイン会社なら丸投げでも大丈夫

オフィスデザインの専門業者も存在します。こういったところだと、何度かの打合せでコンセプトがうまく伝われば、後はお任せで大丈夫。デザインのプロなので、特に内装面やレイアウト面などで会社の雰囲気を表現することに関しては、自分たちでは考えも及ばなかったアイデアの提案も期待できるかもしれません。また、一元的に施工まで執り行う(もしくは手配できる)デザイン会社も多く存在するため、施行業者に特にこだわりがないなどの場合には、出来上がりまで含めて任せてしまえるわけです。このようなデザイン会社を、デザインしかしない(できない)業者と区別して「デザイン施工会社」などと呼びます。

工事のプロ、施行会社

デザイン後の作業をプロに仕上げてもらうなら、施行会社に直接頼むといいでしょう。いわゆる職人さんですので、きちんと意向が伝わりさえすれば、仕事の速さに関しては安心して任せることができます。但し、施行会社といっても数多くあり、どこに頼むかによって仕上りが意向通りなのか、無駄なコストはかかっていないかなどの違いが出てくることは否めません。それぞれに得意分野であったり売りにしている技術などで差別化をしていますので、オフィスのデザインを表現するのに相応しい施行会社を選ぶのがポイントです。

デザインとかかるコストはトレードオフの関係

どこまでやるのか、どの程度の規模なのか、それによってかかるコストが大きく変わるのがオフィスデザイン。知っておきたいコスト検討ポイントをご紹介します。

デザインにおけるコスト削減ポイント

「上限なし、いいものを」などというデザイン発注は先ずあり得ないと思いますが、デザインを依頼したいという場合にはまず、予算をしっかり伝えることが大切です。こんな風にしたいなどの思いを伝えることに夢中になってしまい、予算の提示を失念していたなんてことも少なくありません。会社である以上経営視点は欠かせないため、事前に予算を取り、それを上限として伝えることがポイントとなります。予算オーバーなデザイン提案であっても、デザイン自体を一部変更するなどもっ柔軟に対応してくれるデザイン会社に任せられればベストです。

 

お任せは危険!素材もしっかり確認

最もコスト削減要素が大きいのは、実は素材と言えるでしょう。つまり木材などの材料です。業者に丸投げしてしまうと、見積の中で「●●材料費一式」などで不明瞭にされることもある素材ですが、ここはキチンと具体的な素材名を明示してくれるように依頼しましょう。これによって、業者が提示した素材では高すぎたり、実は別の素材でも同じように使用することができるものなどが判明する場合があります。例えばですが、ヒノキを使うという業者の意向があったとしても、ヒノキでなくてもいい場合もあります。革張りのソファでなくても同じ機能と雰囲気を出せるソファだってあるでしょう。素材にまで口を出す施主を快く思わない業者もいるかもしれませんが、ここで遠慮すればコストはかかる一方になってしまう危険がありますよ。

設置する家具は自分たちで

オフィス家具(デスクや椅子、テーブルなど)は自分たちで発注してみてはどうでしょう?ここまで業者に任せると、当然彼らは本来の仕事ではない部分までお手伝いするという名目で中間マージンを設定します。しかもこのマージンが、見積ではわかりにくい場合がほとんど。インターネットの普及により、オフィス家具もある程度は自分たちで選定・購入できますし、旧来取引のある事務器具を取り扱う会社に直接オーダーするという方法もありますよね。どちらの場合にせよ、よほど受注生産などのこだわり家具でなければ自分たちで手配することで業者マージン分の削減は間違いなく可能です。

よいデザイン、適切なコスト、そして業者をしっかり見極めよう!

冒頭お伝えしたとおり、オフィスデザインがもたらす効果は軽視できないものです。やるからには自社の雰囲気やどのようなスタッフが働いているのかなどが伝わるようにしっかりと取り組むべきであることが分かっていただけたと思います。同時に、コスト面でもどのような業者にどのように仕事を頼むかで大きく変わることもお分かりいただけたのではないでしょうか。地域やオフィスの規模によって、だいたいの相場と言われるものも無いわけではありませんので、事前に調べておくのもいいでしょう。最終的には、相応の予算を想定しながらも、実現すべきポイントをしっかりと定め、かつ、業者の選定にあたっては安さや速さばかりにこだわり過ぎず、コミュニケーションがしっかり取れて信頼関が築けるデザイン会社と取り組むことがオフィスデザインの成功のために重要な視点だと言えそうです。